除毛クリームによるムダ毛処理のメリット&デメリット<背中の場合>

薄着になってくるとやっぱり気になってしまうのが、「ムダ毛」。でも脱毛サロンは通うのが面倒だったり、回数が必要でお金がかかるなどの理由から、自分で処理するという方も多いことでしょう。
除毛クリームは、ドラッグストアでも安価で手に入り、脱毛サロンと違ってすぐにムダ毛が無くなるし、根元から除毛してくれるので綺麗に仕上がるため、手軽な自己処理の方法の一つです。しかも、ワックス脱毛や脱毛テープなどの方法に比べ痛みが無い分、お肌への負担も少ないと言えます。少しツンとくる匂いが苦手だという方もいるでしょうが、今では匂いを抑えた除毛クリームも販売されているようです。そんな除毛クリームですが、では背中で使用する際はどんなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

 

 

除毛クリームによるムダ毛処理のメリット&デメリット<背中の場合>
背中は自分では見えていなくても、人からは意外と良く見られている場所です。水着などにならなくても、オフショルダータイプの洋服や首元の空いた洋服でも、後からムダ毛は見られています。夏などは髪の毛をアップにすることも多いため、後姿に自信を持って洋服を着こなすためにも、処理は欠かせません。
背中は体のパーツの中でも一番広範囲ながら、自分では見えにくく、処理しづらいパーツでもあります。なので、剃刀での処理では、届かない箇所も出てくるでしょう。しかも、何より見えない分危険ですし、剃り残しも気になります。その点、除毛クリームの場合だと、手のひらで広範囲に塗ることができるのでまんべんなく処理できるというメリットがあります。ヘラなどがあれば届かない場所でも安全に塗り広げることもできるでしょう。ワックス脱毛や脱毛テープに比べたら、手間も時間もかかりません。広い箇所だからこそ除毛クリームの方がメリットがありそうです。その他にメリットとして、わきなど太いムダ毛の部分の場合、処理しきれない場合がありますが、背中のムダ毛は細く短いので、腕や脚に比べたとしても処理しやすいでしょう。
デメリットとしては、クリームなので、うなじ部分の処理の際に、襟足の髪の毛に注意しないと余計な部分まで処理してしまうという危険があります。クリームを落とす際にも、見えづらい箇所なので落とし残しが無いように気を付ける必要もあります。また、他のパーツに比べたら使用する量が多いということも言えそうです。
しかし、全体的に見ると、背中というパーツを考えた場合、見えづらく手が届かないということがあるので、他の自己処理法に比べると比較的扱いやすい方法だと言えます。